錦心繍口【きんしんしゅうこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
錦心繍口

【読み方】
きんしんしゅうこう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
詩や文章のすぐれた才能があること。

【語源・由来】
柳宗元「乞巧文」より。「錦心」はあや織物のように美しい心のこと。「繍口」は刺繍のように美しい言葉のこと。

【類義語】
・錦繍心肝(きんしゅうしんかん)
・錦繍之腸(きんしゅうのはらわた)
・錦心繍腸(きんしんしゅうちょう)
・繍口錦心(しゅうこうきんしん)


錦心繍口(きんしんしゅうこう)の使い方

健太
夏目漱石は、日本で一番の錦心繍口だと思うんだ。
ともこ
あー、わかるわ。こころなんて最高よね。でも、坊ちゃんみたいなユーモアのある作品も好きよ。
健太
ああ。坊ちゃんいいよね。落ち込んだ時に読むとスカッとするんだ。
ともこ
あー、わかるー。

錦心繍口(きんしんしゅうこう)の例文

  1. この本の作者はまだ中学生なのに、その錦心繍口ぶりにはとても驚かされるよ。
  2. 愛子様の作文は、錦心繍口、底知れぬ才能があるという定評があります。
  3. 一夜漬けで書いた感想文は、我ながら錦心繍口でよくできていると思います。
  4. 彼女は小さいころから名文に親しんできたおかげで、錦心繍口を書き綴ります。
  5. 今回の芥川賞候補の一人は、圧倒的な錦心繍口で選考委員全員一致で受賞が決まりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事