黔驢之技【けんろのぎ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
黔驢之技

【読み方】
けんろのぎ

「けんろのわざ」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
自身の力量を自覚せずに、人に見せて力量の拙さから恥をかくこと。または、見た目がよいだけで中身のない技量のこと。

【語源・由来】
柳宗元「三戒」 「黔」は中国の黔州という地名。「驢」は動物のろばのこと。
ろばがいなかった黔州にろばを放すと、虎は自分よりも体の大きなろばを初めて見て恐れたが、ろばは虎を蹴るだけで、それ以外何もできないとわかると、虎はろばを食い殺したという故事から。


黔驢之技(けんろのぎ)の使い方

ともこ
あのアイドルグループは歌って踊ってすごく格好いいわよね。
健太
そうかな?派手な衣装で踊っているだけで、大した動きはしていないし、歌も口パクだよ。
ともこ
ええっ。そうなの?黔驢之技だったのね。だまされていたわ。
健太
アイドルってそういうものだよ。

黔驢之技(けんろのぎ)の例文

  1. 自分は歌がうまいと思いこんで黔驢之技となった「マダム・フローレンス」という映画を見ました。
  2. 自分は天才だと思っていたのに、全国レベルでは黔驢之技レベルでした。
  3. 二重跳びができることを自慢したら、友人は三重跳びができたので黔驢之技でした。
  4. せっかく時間を作って見に来たのに黔驢之技だった。
  5. いつも自慢げに語っていたから、よほどうまいのだろうと思っていたのに黔驢之技だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事