懸腕直筆【けんわんちょくひつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
懸腕直筆

【読み方】
けんわんちょくひつ

日本漢字能力検定
2級

【意味】
書道の基本的な筆の使い方のこと。姿勢を整えて、肘を脇から離して腕を水平に上げ、筆を垂直に持つ書き方をいう。

【語源・由来】
「懸腕」は腕をつけずに浮かせること。「直筆」は垂直に筆を持つこと。


懸腕直筆(けんわんちょくひつ)の使い方

健太
ともこちゃん。その字上手だね。
ともこ
そう?
健太
うん。何かコツがあるの?
ともこ
健太くんは姿勢が悪いんじゃないかしら?書を書くときは、懸腕直筆であることが大事よ。

懸腕直筆(けんわんちょくひつ)の例文

  1. 健太くんは、懸腕直筆でのびのびと元気な字を書きます。
  2. 書き初めは、懸腕直筆で思いっきり書くといいんじゃないかな。
  3. 懸腕直筆を守って書を書くと、自由に大きく書くことができますよ。
  4. 懸腕直筆で筆を持つ指には力を入れて心を込めて書きましょう。
  5. 懸腕直筆を守って書くと、とても自由に字を書くことができて書道が楽しくなってきますよ。

まとめ

疲れた時、たまには小学校の頃の書道セットを出してきて、おへその少し下を引き締めて気を集中させ、背筋を伸ばして肩の力を抜き、自由に書いてみましょう。書と向き合うことで肩の力が抜け、良いひと時を過ごせるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事