謹厚慎重【きんこうしんちょう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
謹厚慎重

【読み方】
きんこうしんちょう

【意味】
つつしみ深く温厚で、注意深いこと。

「謹厚」は、つつしみ深くて人情に厚いこと。「慎重」は、注意深くて軽々しく行動しないこと。

【類義語】
・勤倹菖蒲(きんけんしょうぶ)
・勤倹力行(きんけんりっこう)
・重厚謹厳(じゅうこうきんげん)


謹厚慎重(きんこうしんちょう)の使い方

ともこ
あー、失敗した。
健太
謹厚慎重なともこちゃんが失敗するなんて珍しいよね。
ともこ
文化祭の準備と生徒会の仕事で忙しすぎるのよー。
健太
謹厚慎重なともこちゃんが取り乱すなんて、生徒会ってブラックだね。

謹厚慎重(きんこうしんちょう)の例文

  1. 健太くんは、謹厚慎重なので、人を傷つけるような軽々しい発言はしない。
  2. ともこちゃんの家の猫は、謹厚慎重な性格なので、けんかをしないし、あまり家の外に出ようとしない。
  3. 謹厚慎重であるともこちゃんが怒りを表すなんて相当なことがあったのだろう。
  4. ともこちゃんは謹厚慎重だから、生徒会長にふさわしい。
  5. 謹厚慎重な店員が多い店は、安心して通うことができる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事