教学相長【きょうがくあいちょうず】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
教学相長

【読み方】
きょうがくあいちょうず

【意味】
人に教えることと師から学ぶこととは相補い合うもので、両方を経験してはじめて学業も向上する。

【語源・由来】
「礼記」学記


教学相長(きょうがくあいちょうず)の使い方

健太
僕の担任の先生は謙虚で素敵な先生なんだ。
ともこ
へえ。どんな風に?
健太
教学相長の精神を大事にしていて、先生は教えるだけじゃなく、生徒から学ぼうって努力しているんだって。
ともこ
へえ。それは素敵ね。

教学相長(きょうがくあいちょうず)の例文

  1. 教学相長というが、長い教員生活でたくさんのことを生徒から教わり、成長させてもらった。
  2. 教えてやっているという考え方ではなく、教学相長精神を大事に、生徒から教わっていることを意識しながら教えたいものだ。
  3. 教育実習に行き、授業をしながら生徒からたくさんのことを吸収し、教学相長の意味を理解した。
  4. 教学相長を常に意識し、毎日生徒に接する。
  5. ともこちゃんは、教学相長の考え方を大事にしている数少ない先生です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事