勤倹尚武【きんけんしょうぶ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
勤倹尚武

【読み方】
きんけんしょうぶ

日本漢字能力検定
2級

【意味】
しっかりと働いて、質素に暮らしながら武芸に励むこと。

【語源・由来】
「勤倹」はしっかりと働いて、無駄遣いをしないようにすること。「尚武」は武士の生活態度の基本をいう言葉で、武芸を尊ぶという意味。


勤倹尚武(きんけんしょうぶ)の使い方

ともこ
健太くんは空手の練習に毎日励んでいるけど、お兄ちゃんは何をしているの?
健太
お兄ちゃんは柔道なんだ。勤倹尚武というように、働きながら、柔道の道を極めようとしているよ。
ともこ
偉いわね。練習の時間を作るのが大変でしょうね。
健太
うん。でも警察官だから道場があって、練習する時間を作ることが出来るんだ。うらやましいよねえ。

勤倹尚武(きんけんしょうぶ)の例文

  1. 代々武道家の我が家の家訓は、勤倹尚武です。
  2. 勤倹尚武の精神で、日々、剣道と向き合っています。
  3. 勤倹尚武を心掛けて質素な生活しているので、心身ともに健康です。
  4. 勤倹尚武な生徒たちばかりなので、校舎が多少古くても気にならないようです。
  5. 勤倹尚武なんて嫌だ、短い人生なんだから毎日パーティーのように楽しく生きていたいと言った健太くんは、破門になりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事