琴棋書画【きんきしょが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
琴棋書画

【読み方】
きんきしょが

「きんぎしょが」とも読む。
日本漢字能力検定
2級

【意味】
教養のある、文人のたしなみのこと。琴を弾いて囲碁を打ち、書を書いて絵を描くということをいう。中国では四芸と呼ばれ、文人のたしなみとされ、画題としてもよく用いられる。

【語源・由来】
何延之「蘭亭記」より。

【類義語】
・琴棋詩酒(きんきししゅ)


琴棋書画(きんきしょが)の使い方

健太
ともこちゃんは、琴棋書画のうち囲碁以外はすべてできるんだよね?
ともこ
そうね。あとは囲碁だけなのに、良い師匠が見つからないのよね。
健太
僕のおじいちゃんは、囲碁が強いよ。教えてもらう?
ともこ
本当?琴棋書画をすべてたしなむことができるなんて幸せだわ。

琴棋書画(きんきしょが)の例文

  1. 琴棋書画襖のうち、囲碁図が今回の美術展で展示されています。
  2. 風流な祖父は、琴棋書画の四芸をたしなんでいます。
  3. 琴棋書画の一つとして、日光東照宮の陽明門に囲碁の飾りがあります。
  4. 学校教育に、琴棋書画のうち、音楽、書道、絵画があるのに、囲碁だけないのは残念です。
  5. 狩野永徳が描いた、琴棋書画図が国宝に指定され、京都に現存しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事