空空寂寂【くうくうじゃくじゃく】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
空空寂寂

【読み方】
くうくうじゃくじゃく

日本漢字能力検定
4級

【意味】
空虚で静寂なさま。執着や煩悩ぼんのうを除いた静かな心の境地。無心。転じて、何もなく静かなさま。また、思慮や分別のないさま。


空空寂寂(くうくうじゃくじゃく)の使い方

健太
ともこちゃん。先生から聞いたよ。この前のテストで一位をとったんだってね?
ともこ
うーん。そうだったかもしれないわね。普段から順位を気にしていないからわからないわ。
健太
ともこちゃんは、相変わらず空空寂寂としているね。
ともこ
そうね。勉強は好きだからやっているだけで、周囲の評価や順位はあまり気にならないの。

空空寂寂(くうくうじゃくじゃく)の例文

  1. 父は金もうけに興味がない空空寂寂とした医者だったので、経営は楽ではなかったようです。
  2. 余命宣告をされた後も、彼は空空寂寂として今まで通りに日々を過ごしていました。
  3. 空空寂寂としている彼は、出世することに興味がないようでした。
  4. 彼は、大好きな虫に関すること以外は、空空寂寂としています。
  5. 健太くんは、いろんな女子生徒に告白されますが、空空寂寂としています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事