虚無縹渺【きょむひょうびょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
虚無縹渺

【読み方】
きょむひょうびょう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
何もなく、どこまでも広がっている風景を言い表す言葉。「虚無縹緲」とも、「虚無縹眇」とも書く。

【語源・由来】
白居易「長恨歌」より。「虚無」は何もないこと。「縹渺」は遠くはっきりと見えないこと。

【類義語】
・神韻縹渺(しんいんひょうびょう)


虚無縹渺(きょむひょうびょう)の使い方

健太
ともこちゃん。電車の窓の外を見てごらんよ。虚無縹渺としているよ。
ともこ
まあ。本当だわ。延々と野原が広がっているわね。
健太
ビルに囲まれた生活をしている僕にとって、ここは楽園だよ。
ともこ
ボールを投げても蹴ってもガラスが割れることはないし、怒られないものね。

虚無縹渺(きょむひょうびょう)の例文

  1. 虚無縹渺とはこのことか、目の前には砂漠がどこまでも続いていました。
  2. 虚無縹渺、視界を邪魔するものは何もなく、ただ遠くにぼんやり富士山が見えるだけでした。
  3. 浮き輪の上でうたた寝をしていたら、いつの間にか沖に流され、虚無縹渺、周りは海しか見えずとても焦りました。
  4. トンネルを抜けると、そこは、虚無縹渺、ただ、真っ白の雪景色が広がっていました。
  5. 虚無縹渺、そこは、地平線が丸く見えるくらい何もない草原でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事