既成概念【きせいがいねん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
既成概念

【読み方】
きせいがいねん

【意味】
ある物事について、すでにできあがっている大まかな意味内容。

「既成」は、すでにできあがっている、前もって作ってあること。「概念」は、ある物事についての大まかな意味内容。「既成概念にとらわれない」「既成概念を無視する」などという形で用いる。

既成概念(きせいがいねん)の使い方

健太
ともこちゃーん。僕の新しい家が完成したんだよ。
ともこ
へえ。どんな家なの?
健太
既成概念にとらわれない全く新しい家さ。
ともこ
それは見るのが楽しみね。

既成概念(きせいがいねん)の例文

  1. ともこちゃんの絵を見て、僕の中の既成概念が壊された。
  2. 既成概念を捨てて価値観を変え、生まれ変わった自分になりたい。
  3. 今の健太くんは、既成概念にとらわれてしまっている。
  4. 有名な小説が原作だからって、既成概念をもって観劇したら、いい意味で裏切られた。
  5. 8階ならば泥棒は侵入しないという既成概念にとらわれていた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事