孤影飄零【こえいひょうれい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
孤影飄零

「孤影漂零」とも書く。

【読み方】
こえいひょうれい

【意味】
資産や地位、身分などを失い、孤独でさびしげな様子。

「孤影」はただ一人でさびしそうな姿。「飄零」は落ちぶれてさまようこと。

【類義語】
・孤影悄然(こえいしょうぜん)


孤影飄零(こえいひょうれい)の使い方

健太
今、熟年離婚が多いらしいね。
ともこ
家庭を顧みずにいた仕事人間が、退職して肩書も家族も同時に失ったら、孤影飄零になるわよね。
健太
こわいなあ。大人になったら気を付けよう。
ともこ
そうよ。奥さんを大事にしないと、家庭も人生も崩壊するわよ。

孤影飄零(こえいひょうれい)の例文

  1. 会社が倒産し取り巻きがいなくなった健太くんは、まさに孤影飄零だ。
  2. CM女王だったときは、忙しすぎて早く女優を引退したいと思ったが、いざ業界から干されると、孤影飄零になりスポットライトにあたっていたころが懐かしい。
  3. 事件で地位も名誉もなくした健太くんは、孤影飄零となり、家に引きこもっているようです。
  4. 孤影飄零だった健太くんは、孤独死したそうです。
  5. 事業に失敗したともこちゃんは、今では孤影飄零となって、往時の姿は見る影もない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事