刻苦勉励【こっくべんれい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
刻苦勉励

【読み方】
こっくべんれい

【意味】
大変な苦労をして、勉学などにつとめはげむこと。

【語源・由来】
「刻苦」は、心身を苦しめて、励み努めること。
「勉励」は、つとめはげむこと。一所懸命に努力すること。

【類義語】
刻苦精励(こっくせいれい)
粉骨砕身(ふんこつさいしん)
彫心鏤骨(ちょうしんるこつ)
粒粒辛苦(りゅうりゅうしんく)

【対義語】

【英語訳】
indefatigable industry
make a strenuous effort

英語例文
刻苦勉励する work diligently
刻苦勉励倦むことを知らぬ apply oneself《to one’s studies》with untiring zeal.
【スポンサーリンク】

刻苦勉励(こっくべんれい)の使い方

ともこ
健太くん、今回のテストどうだった?
健太
うーん…。全然うまくいかなかったよ…。
寝る間も惜しんで刻苦勉励したんだけどなあ~。
ともこ
本当~? ぎりぎりまで手をつけてなかったから、睡眠時間が削られて、テストもうまくいかなかったんじゃないの~?
健太
まあ、そうともいうかな。テスト3日前からテスト勉強を始めたんだけど、前日はほとんど寝られなかったなあ~。思ったより、テストの範囲が広かったよ…。

刻苦勉励(こっくべんれい)の例文

  1. 彼女は運動が大の苦手であったが、空手が好きだったため、刻苦勉励して黒帯を取得した。
  2. 彼は将来医者になることが夢で、刻苦勉励して第一志望の医学部に合格した。
  3. 生まれつき才能があるように見える画家でも、どんな絵を描こうか考え、刻苦勉励して1枚1枚絵を描き上げていくのだと考える。
  4. 刻苦勉励してきた者は、困難に立ち向かう力を持っていることだろう。
  5. 私は刻苦勉励しながら、このプロジェクトを成功させようと思っている。

 

まとめ

目標を達成するために、刻苦勉励するというのはとても素晴らしいことです。刻苦勉励して結果を出した人もいれば、失敗してうまくいかなかった人もいるかもしれません。刻苦勉励したのにうまくいかず、この努力は無駄だったのかと落ち込むこともあるかもしれません。しかし、本気で頑張ったのならば、現時点で結果を残せなかったとしても気にすることはありません。どんなに大変で苦しくても、くじけずにひたすら頑張り続けてきたことは、将来の糧になることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事