孤雌寡鶴【こしかかく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
孤雌寡鶴

【読み方】
こしかかく

【意味】
夫を亡くし孤独になった女性のこと。

「孤雌」は、つがいの雄を亡くした孤独な雌。「寡鶴」はつれあいのいない鶴。

【語源・由来】
『文選』王褒「洞簫腑」


孤雌寡鶴(こしかかく)の使い方

健太
ともこちゃん。あの家のおじいさんが亡くなって、おばあさんは孤雌寡鶴になってしまったんだって。
ともこ
ええっ。あんなに仲が良かったのに?きっと、とても落ち込んでいるわ。
健太
僕たちで元気付けてあげようよ。
ともこ
そうね。少しでも寂しさを紛らわせてあげたいわよね。

孤雌寡鶴(こしかかく)の例文

  1. 戦争で夫を亡くし、孤雌寡鶴となった女性が、戦争中、たくさんいたという。
  2. 孤雌寡鶴になったともこちゃんを癒したのは、健太くんの笑顔でした。
  3. 健太くんを亡くし、孤雌寡鶴となった奥さんは、子どももいなくて寂しそうです。
  4. いつも気丈なともこちゃんでも、孤雌寡鶴となって寂しさを隠し切れないようです。
  5. 孤雌寡鶴になったともこちゃんは、ある日突然、前向きに夫の分も楽しく生きると決意しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事