光彩陸離【こうさいりくり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
光彩陸離

「光采陸離」とも書く。

【読み方】
こうさいりくり

日本漢字能力検定
4級

【意味】
きらびやかな光がまともに見られないほど美しく輝く様子。または、物事が、他を圧してすばらしい様子。

【語源・由来】
「光彩」は美しい光や鮮やかな彩りのこと。「陸離」は美しい輝きの形容。

【類義語】
・光彩奪目(こうさいだつもく)


光彩陸離(こうさいりくり)の使い方

健太
ともこちゃんの絵はすごいね。一際目を引くよ。光彩陸離たる作品だ。
ともこ
この絵は自信作なの。有名な画家さんに指導してもらって描いたのよ。
健太
なるほど。だから何だか筆さばきが違うのか。指導してもらったにしても、まず才能がないと描けないし、やっぱりすごいよ。
ともこ
ありがとう。

光彩陸離(こうさいりくり)の例文

  1. ともこちゃんの指で輝く宝石は、光を乱反射して、光彩陸離たる美しさでした。
  2. ともこちゃんは、光彩陸離とした比類なき美しさです。
  3. 花火のフィナーレは、幾重にも重なり、光彩陸離としていました。
  4. 展望台から見た町はおもちゃのように小さく、無数の光が輝き、光彩陸離とした美しさでした。
  5. 田舎者の僕は朝まで明るい光彩陸離とした都会の町に驚きました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事