肉袒負荊【にくたんふけい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
肉袒負荊

【読み方】
にくたんふけい

「肉袒して荊を負う」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
思うままに処罰せよと謝罪する作法のこと。真心からの謝罪のたとえ。

【語源・由来】
『史記』「廉頗藺相如伝」より。はだ脱ぎして、笞刑に用いるいばらのつえを背負い、これで打ってくれと謝罪の意を示すことから。「袒」ははだぬぐという意味。「荊」はいばらのむち、罪人を打って罰するつえ。
中国春秋時代、趙の将軍廉頗は弁舌で恵文王の厚い信頼を得た藺相如を恨んだが、相如は二人が争えば大国秦に攻められて趙が滅びるとして二人の争いを避けた。これを伝え聞いた廉頗はこれを謝罪し、二人は生死を共にするほどの親交を結んだという故事から。

【類義語】
・廉頗負荊(れんぱふけい)
・肉袒面縛(にくたんめんばく)


肉袒負荊(にくたんふけい)の使い方

ともこ
健太くん。絶対に許さないわ。
健太
肉袒負荊するから許してよ。
ともこ
いいえ。そんなんじゃ許せないわ。
健太
ともこちゃんの怒りが収まるまで肉袒負荊し続けるよ。

肉袒負荊(にくたんふけい)の例文

  1. 肉袒負荊しましたが訴えられてしまいました。
  2. 大変失礼しました、肉袒負荊、どんな処罰でもお受けします。
  3. 肉袒負荊してお詫び申し上げます。
  4. 健太くんは、肉袒負荊して今回の失態をわびました。
  5. そんな軽い謝罪ではなく肉袒負荊するべきです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事