竜挐虎擲【りょうだこてき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
竜挐虎擲

「虎擲竜挐」ともいう。

【読み方】
りょうだこてき

日本漢字能力検定
1級

【意味】
英雄が戦うたとえ。虎と竜が激しく撃ち合う意。

【語源・由来】
李献能の詩より。「挐」はつかむ、乱れ混じること。「擲」はなげうつ、撃つ意。

【類義語】
・竜攘虎搏(りゅうじょうこはく)
・竜虎相博(りょうこそうはく)


竜挐虎擲(りょうだこてき)の使い方

ともこ
優勝争いは、まさに竜挐虎擲、どっちも譲らないって感じだったわよね。
健太
歴史に残るすごい戦いだったよ。
ともこ
見ていてあんなに面白い試合はなかったわ。
健太
そうだよね。観客はみな、手に汗を握って見ていたよね。

竜挐虎擲(りょうだこてき)の例文

  1. 常勝校同士の戦いは竜挐虎擲、意地とプライドと歴史をかけた激しいものでした。
  2. 今回の試合は因縁の試合でもあるから、どちらも譲らない竜挐虎擲といった試合になるに違いない。
  3. この戦いは竜挐虎擲、一瞬の隙が勝敗を決めるだろう。
  4. まさに竜挐虎擲で、なかなか勝負はつかず延長戦が続いています。
  5. せっかくお金を払うんだったら、こんな生ぬるい試合じゃなくて、竜挐虎擲というような試合が見たいんだよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



四字熟語の逆引き検索