皓月千里【こうげつせんり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
皓月千里

「皎月千里」とも書く。

【読み方】
こうげつせんり

日本漢字能力検定
1級

【意味】
遠くの場所まで月の光が照らしている様子。

【語源・由来】
笵仲淹「岳陽楼記」より。「皓月」は明るく白い月。「千里」は非常に長い距離のこと。


皓月千里(こうげつせんり)の使い方

健太
今日は中秋の名月、よく晴れて皓月千里だね。月の兎もよく見えるよ。
ともこ
ええ。きれいね。北欧の「白夜」って経験したことが無いけれどもこんな感じなのかしら。とても明るいわよね。
健太
今日は、みんな電気を消して空を見上げればいいのにね。
ともこ
そうね。こういう時間を日本中の人と共有できればいいわよね。

皓月千里(こうげつせんり)の例文

  1. それは、夜でも昼のように明るい皓月千里の月の夜の出来事でした。
  2. 今日は、皓月千里だから、懐中電灯がなくても足元が良く見えるから安心です。
  3. 皓月千里の夜には、この山の頂上ではクマの相撲大会が開かれているという伝説があります。
  4. 今日はスーパームーン、皓月千里で町が青白く輝きとても幻想的で美しいです。
  5. おお、素晴らしい皓月千里だ、こんな日はせっかくなんだから夜の散歩をしましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事