孝行恩愛【こうこうおんあい】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
孝行恩愛

【読み方】
こうこうおんあい

【意味】
子が親を敬い、慈しみ尽くすこと。また、親に対するように、あるものを慈しみ尽くすこと。


孝行恩愛(こうこうおんあい)の使い方

健太
ともこちゃん。今日は、母の日なんだね。
ともこ
そうだったわね。すれ違う人たちはみんなカーネーションを持っているわね。
健太
孝行恩愛っていうけれども、世の中には、これだけ愛されているお母さんが多いってことだよね。
ともこ
そうね。みんなニコニコしながら、お母さんに渡すカーネーションを胸に抱いているものね。幸せな世の中ね。私たちもカーネーションを買いに行きましょうよ。

孝行恩愛(こうこうおんあい)の例文

  1. 両親は無条件に私を愛してくれたので、孝行恩愛というように、私も親を尊敬し愛しています。
  2. 結婚して子供が出来てから、孝行恩愛という言葉を深く感じ、親の偉大さを知りました。
  3. 両親に日ごろの孝行恩愛を伝えるために、大きな花束を購入しました。
  4. 我が家は家族のきずなが強いからか、兄弟そろって孝行恩愛というように両親を大切に思っています。
  5. 孝行恩愛を形にすべく、豪邸を建てて両親にプレゼントしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事