剛毅木訥【ごうきぼくとつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】
剛毅木訥

【読み方】
ごうきぼくとつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
意思が強く、飾り気がなく無口なこと。また、そのさま。

【語源・由来】
「剛毅」は意思が強く何事にも用意に屈しないこと。「木訥」は飾り気がなくて無口なこと。

【類義語】
・剛毅直諒(ごうきちょくりょう)
・質実剛健(しつじつごうけん)

【対義語】
・巧言令色(こうげんれいしょく)

【英語訳】
have a strong intention and natural

intentionは「意思」という意味の名詞。
英文例
彼は剛毅木訥だがいい人だ。He is good man but having a strong intention and natural.
【スポンサーリンク】

剛毅木訥(ごうきぼくとつ)の使い方

ともこ
今度の野球部のキャプテン、かっこいいわよね
健太
そうだね、普段は無口だけど、リーダーシップがあるというか、後輩のぼくらにも優しくて、とってもいい人だよ
ともこ
まあ、まさに剛毅木訥ね。これから毎試合、見学にいくわ!
健太
応援してくれるのはうれしいけどさ、ちょっと動機が不純じゃない?

剛毅木訥(ごうきぼくとつ)の例文

  1. うちの父は、物静かで口数が少なく、あまり無駄話をしない。だからといって気難しいわけではなく、これと決めたことは絶対にやり抜く強い意志をもっている。こういう人を剛毅木訥というのだろうといつも思う。
  2. いまの首相は、初当選した若手議員の頃から、政治家にしてはめずらしく口下手で素朴な印象の人だった。やがて頭角をあらわし、剛毅木訥なその性格が周囲を魅了して今の座についたわけだ。
  3. 私の担任の先生は、おせじにも付き合い上手とは言えないが、困ったことがあったら何でも相談できる、頼れる人だ。相談したことは、剛毅木訥なくらい必ず解決してくれる。
  4. 男性は少々口数が少なくても、剛毅木訥ならそれで良い。
  5. うちのコーチは女性ながら剛毅木訥な人で、なかなかに男前な性格だ。

まとめ

「剛毅」は意思が強く何事にも用意に屈しないこと、「木訥」は飾り気がなくて無口なことから、剛毅木訥(ごうきぼくとつ)は、意思が強く、飾り気がなく無口なことを意味する言葉となりました。女性もそうですが、男性の場合は特に、口数が多すぎるのはいかがかと思います。剛毅木訥(ごうきぼくとつ)くらいがちょうど良いのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事