寤寐思服【ごびしふく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
寤寐思服

【読み方】
ごびしふく

「寤寐に思服す」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
寝ても冷めても忘れないこと。また、人を思う情が切ないこと。

【語源・由来】
『詩経』「周南・関雎」より。「寤寐」は目覚めることと寝ること。「思服」は常に心に思って忘れないこと。


寤寐思服(ごびしふく)の使い方

ともこ
健太くん。何だか幸せそうね。
健太
夢の中で大好きな女の子とデートしたんだ。夢だったとしても幸せ。
ともこ
寝ても覚めても彼女のことを考えているなんて、まさに寤寐思服ね。青春を謳歌しているわね。
健太
青春万歳!

寤寐思服(ごびしふく)の例文

  1. 寤寐思服というように、僕は四六時中ともこちゃんのことを思っているのに、ともこちゃんはつれない態度をとるんです。
  2. あまりに好きすぎて、寤寐思服というように、授業中もご飯を食べていても彼のことを考えてしまいます。
  3. 健太くんを一目見た時から寤寐思服に思っています。
  4. ともこちゃんを寤寐思服に思っているのに、いざ話をしようとすると緊張して話しをすることができません。
  5. 寤寐思服に思っている彼と両想いになりたくて縁結びの神様にお参りに行きました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事