苦髪楽爪【くがみらくづめ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
苦髪楽爪

【読み方】
くがみらくづめ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
人の苦楽の様子のことで、苦しいときは髪が早く伸び、楽をしているときは爪が早く伸びるということ。

【類義語】
・苦爪楽髪(くづめらくがみ)
・苦髭楽爪(くひげらくづめ)
・楽髪苦爪(らくがみくづめ)


苦髪楽爪(くがみらくづめ)の使い方

ともこ
健太くん。爪が長いわよ。楽をしすぎじゃないかしら?
健太
そんなことないよ。ほら。髪の毛がこんなに伸びている。苦髪楽爪、苦労しているんだよー。
ともこ
それは苦労じゃなくて、がさつなだけね。もっと身だしなみに気を使いなさいよ。
健太
はーい。爪を切って、散髪に行ってくるよ。

苦髪楽爪(くがみらくづめ)の例文

  1. 苦髪楽爪、家事をしない彼女は、ネイルサロンできれいに整えられた長い爪をしています。
  2. 苦髪楽爪、経営状況が悪化して、髪を切りに行く暇もないくらい大変だ。
  3. 苦髪楽爪、毎日が楽しくて、爪を切るのを忘れてしまっていました。
  4. 苦髪楽爪、健太くんは苦労しているからか、髪が伸び放題です。
  5. 苦髪楽爪、紫外線から脳を守ろうとして髪が伸びるらしいから、炎天下の下で汗だくになって働いている健太くんは髪が長い、
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事