貌合心離【ぼうごうしんり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
貌合心離

【読み方】
ぼうごうしんり

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
交際するのに表面だけで誠意のないたとえ。

【語源・由来】
『素書』「遵義」より。「貌」は外に現れる形。表向きは合わせてはいるが、心は離れているという意。


貌合心離(ぼうごうしんり)の使い方

ともこ
健太くん。あの子とは仲が良かったんじゃないの?
健太
彼は、こっちが腹を割って付き合おうとしているのに、貌合心離だから、もう付き合うのをやめたんだよ。
ともこ
へえ。ただ単にシャイなだけかもしれないわよ。
健太
違うよ。誠意が感じられないからもう無理なんだよ。

貌合心離(ぼうごうしんり)の例文

  1. 周りに貌合心離な態度をとるから、本当の友達ができないんだよ。
  2. 部長が貌合心離だから、部員の心も離れていって、今や空手部は廃部寸前です。
  3. 健太くんは誰に対しても貌合心離で、心の距離が近づくことが怖いのかもしれません。
  4. 貌合心離といった付き合いをしていると、困ったときに誰も助けてくれませんよ。
  5. 健太くんが貌合心離なのはちゃんとっした理由があって、転校が多いから、深く付き合うと寂しくなるからなんだそうです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事