甘井先竭【かんせいせんけつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
甘井先竭

【読み方】
かんせいせんけつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
才能がある人ほど、衰退するのが早いということのたとえ。「甘井」はうまい水の出る井戸。「甘井先ず竭く」とも読む。

【語源・由来】
「荘子」山木より。うまい水が出る井戸は、人がより多く集まるために、先に水がなくなるということから。

【類義語】
・山木自寇(さんぼくじこう)


甘井先竭(かんせいせんけつ)の使い方

健太
ともこちゃん!国語の授業で甘井先竭っていう言葉を習ったんだ。
ともこ
ああ。才能がある人ほど早く衰えるっていうやつね。それがどうしたの?
健太
ともこちゃんは優秀だから、大人になる前にだめになってしまうんじゃないかって心配したんだ。
ともこ
大丈夫よ。私は自分の才能をひけらかしたりしないもの。だから私の才能を出る杭を打つように、潰そうとする人はいないわ。

甘井先竭(かんせいせんけつ)の例文

  1. 甘井先竭、彼は、自分のピアノの才能をひけらかしたので、友人の嫉妬を買い、指を怪我しました。
  2. 甘井先竭、織田信長は、自分の才能を隠し、天下を統一するために「かぶきもの」のふりをしていたとも言われています。
  3. 甘井先竭、あまりに頭がよすぎるといじめにあうので、わざと学校のテストで間違ったりして、馬鹿なふりをしています。
  4. 甘井先竭、日本の教育システムでは、突出した才能は潰されやすいです。
  5. 甘井先竭、彼は自慢が好きだったので、友人の反感を買いました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事