教唆煽動【きょうさせんどう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
教唆煽動

「教唆扇動」とも書く。

【読み方】
きょうさせんどう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
教えそそのかして人をたきつけ、行動するように気持ちを湧き立たせること。「教唆」は教えそそのかすこと。「煽動」は行動するように仕向けること。主に悪い意味で使われ、悪事を働くように仕向けることをいう。


教唆煽動(きょうさせんどう)の使い方

ともこ
健太くん。うまいこと言って、クラスのみんなを教唆煽動したでしょう?
健太
ばれてしまったか。
ともこ
なんて言って教唆煽動したのよ。授業をボイコットされて先生は困り果てているわよ。
健太
煽動したのは確かに僕だけど、行動したのはみんなそれぞれが決めたことだよ。

教唆煽動(きょうさせんどう)の例文

  1. 彼女は、クラスの女子を教唆煽動して、一人の生徒をいじめていました。
  2. 彼のとった行動は、教唆煽動と言われてもしょうがないようなものでした。
  3. 彼は、SNSを使って多くの人を言葉巧みにあおり、教唆煽動した疑いをもたれています。
  4. 人の不平不満や欲求不満に働きかけて、同情するふりをして、彼女は教唆煽動しました。
  5. 教唆煽動している黒幕を見つけない限り、この暴動は終わらないでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事