驚心動魄【きょうしんどうはく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
驚心動魄

【読み方】
きょうしんどうはく

【意味】
心の底から深い感動を呼び起こすこと。深く感動することをいう。

【語源・由来】
人の心を動かして、魂を振るわせるという意味から。「魄」はたましいのことで、人の死後、天に昇る「魂」に対して、地に残るたましいをいう。

【典拠・出典】
詩品』「上」

【類義語】
・驚魂動魄(きょうこんどうはく)


驚心動魄(きょうしんどうはく)の使い方

ともこ
健太くん。美術館の中に好きな絵はあった?
健太
うん。この絵はすごいよ。驚心動魄するよ。
ともこ
まあ。ほんとうにすごいわ。海に行きたくなるような絵ね。
健太
一枚の絵が、時代を超えて多くの人の心に響くんだから、芸術ってすごいよね。

驚心動魄(きょうしんどうはく)の例文

  1. ともこちゃんの歌声は、とても透明感があり、世界中の人々を驚心動魄させます。
  2. 演劇を見ていた観客は、驚心動魄し、みんな立ち上がってスタンディングオベーションをしました。
  3. こんなに驚心動魄させられた本は、いまだかつて読んだことがないよ。
  4. その番組は、見ていた視聴者を驚心動魄させ、反響がすごかったので再放送が決まりました。
  5. 驚心動魄させるようなアニメーションを作りたいと思い、有名なアニメーションスタジオに入社しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索