朽木糞牆【きゅうぼくふんしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
朽木糞牆

【読み方】
きゅうぼくふんしょう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
やる気がなく、だらしない人を教育することはできないということのたとえ。または、役に立たないもののたとえ。「朽木は雕るべからず、糞土の牆は檣はぬるべからず」を略した言葉。

【語源・由来】
腐ってぼろぼろになった木と土壁ということで、腐った木材に彫刻することはできず、腐った土壁に上塗りをすることはできないという意味から。

【類義語】
・朽木之材(きゅうぼくのざい)
・朽木糞土(きゅうぼくふんど)


朽木糞牆(きゅうぼくふんしょう)の使い方

ともこ
健太くん。空手部の後輩たちがさぼっているわよ。先輩としてしっかり注意しないとだめじゃないの。
健太
あんな奴らに注意しても朽木糞牆だよ。意味がないって。
ともこ
先輩である健太くんが愛情をもって接すれば、やる気を出すかもしれないじゃないの。
健太
それができていたら、こんなに困っていないって。

朽木糞牆(きゅうぼくふんしょう)の例文

  1. 朽木糞牆、やる気がないならこの教室から出ていきなさい。
  2. 朽木糞牆、優勝を目指しているので、やる気がない部員を指導している暇はない。
  3. 朽木糞牆、本人がやる気を出して理解しようと努力しない限り、どれだけ僕が教えても無駄だよ。
  4. 朽木糞牆、健太くんのような腐った性根のやつには何を言っても無駄だ。
  5. 朽木糞牆、彼のようなやる気がない生徒には何を言っても無駄で、馬の耳に念仏を唱えているようだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事