余裕綽綽【よゆうしゃくしゃく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
余裕綽綽

【読み方】
よゆうしゃくしゃく

【意味】
ゆったりと落ち着いていて、慌てる様子がないこと。「余裕」は精神的にゆとりがあって落ち着いていること。「綽綽」は落ち着いていて、慌てることがないこと。

【語源・由来】
「孟子」公孫丑・下より。

【類義語】
・言笑自若(げんしょうじじゃく)
・従容不迫(しょうようふはく)
・神色自若(しんしょくじじゃく)
・泰然自若(たいぜんじじゃく)

【スポンサーリンク】

余裕綽綽(よゆうしゃくしゃく)の使い方

健太
明日から試験だというのに、先生の手伝いなんかやっていて大丈夫なの?
ともこ
ええ。普段から勉強をしてるから大丈夫よ。
健太
余裕綽綽だねえ。
ともこ
勉強は普段の積み重ねが大事なのよ。

余裕綽綽(よゆうしゃくしゃく)の例文

  1. 健太くんだけは、余裕綽綽だったけれども、あとの四人は顔がこわばっていました。
  2. ともこちゃんは、さっさとテストを終わらせて、余裕綽綽でぼんやり窓の外を見ていました。
  3. 面接の前で緊張している学生たちの中で、一人だけ余裕綽綽で鼻歌を歌っている人が居ました。
  4. 息切れしている健太くんの横をともこちゃんが、余裕綽綽の表情で走り去っていきました。
  5. 受験勉強で一番忙しい時に、時間を作ってくれてありがとうと言うと「そんなに大変じゃないですから」と余裕綽綽で言われてしまいました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事