丘山之功【きゅうざんのこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
丘山之功

【読み方】
きゅうざんのこう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
無数の努力を積み重ねて成し遂げた、非常に偉大な功績。丘や山のように大きな功績という意味から。小さな石や土を数多く積み重ねて出来た丘や山ということから、数多くの努力を積み重ねることをいう。

【語源・由来】
「文選」陳琳「檄呉将校部曲文」より。


丘山之功(きゅうざんのこう)の使い方

ともこ
健太くん。空手の大会で優勝おめでとう。
健太
ありがとう。
ともこ
毎日がんばったものね。丘山之功よね。
健太
うん。地道な努力の積み重ねで、時にくじけそうになったこともあったけど、あきらめず頑張り続けて良かったよ。

丘山之功(きゅうざんのこう)の例文

  1. この桜並木は、毎年、こつこつと桜の苗を植え続けた彼の丘山之功です。
  2. 健太くんは、10年間500円貯金を続け、丘山之功となり100万円になりました。
  3. 長い年月をかけて研究をした甲斐があって、その努力は丘山之功となり、新しい薬が完成しました。
  4. ともこちゃんの合格は、運ではなく、丘山之功、無数の努力の積み重ねによるものです。
  5. 毎日縄跳びを跳ぶことで、丘山之功、体の弱かった僕が、ギネス記録を更新するまでになりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事