密雲不雨【みつうんふう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
密雲不雨

【読み方】
みつうんふう

「密雲あれど不雨らず」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
前兆があるのに、まだ事が起こらないこと。また、恩恵が下に行きわたらないこと。

【語源・由来】
『易経』「小蓄」より。空いっぱいに黒い雲がおおっているけれど、まだ雨は降ってきていない意を表す。


密雲不雨(みつうんふう)の使い方

ともこ
健太くん。眉間にしわを寄せて険しい顔になっているわよ。どうしたの?
健太
密雲不雨というような、何かが起こりそうな予感がするんだよね。
ともこ
健太くんの野生の勘は当たるもんね。
健太
うん。ともこちゃんも気を付けてね。

密雲不雨(みつうんふう)の例文

  1. この国は、今、密雲不雨、いつ国民の不満が爆発するかわからない状況です。
  2. 電化製品が密雲不雨という感じなので、そろそろ壊れる覚悟をしておかないといけません。
  3. クラス内の雰囲気は密雲不雨、一触即発といった感じの不穏な空気が流れています。
  4. 今の政策のままでは富裕層ばかりが潤って、密雲不雨というように、庶民に恩恵が行きわたりません。
  5. 密雲不雨になるだろうから、恩恵にあずかれない増税には反対です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事