彌陀名号【みだのみょうごう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
彌陀名号

【読み方】
みだのみょうごう

【意味】
「南無阿彌陀仏(なむあみだぶつ)」の六字の名号。これを唱えると浄土へいくという思想がある。

「彌陀」は、阿弥陀の略。「名号」は、仏。菩薩の名。「南無阿弥陀仏」の六文字のほか、九・十字などの名号がある。

彌陀名号(みだのみょうごう)の使い方

ともこ
彌陀名号を唱えると極楽浄土に行くことができるんですって。
健太
へえ。毎日唱えよう。
ともこ
健太くんは、欲にまみれているから気付いた時に常に唱えていないとだめよ。
健太
そんなことをしたら、覚えた英単語をすべて忘れてしまうよ。

彌陀名号(みだのみょうごう)の例文

  1. 彌陀名号は、衆生を救済するという仏の約束でもある。
  2. 辛い時、悲しい時には彌陀名号を唱えると、仏の存在を感じ心が温かくなる。
  3. この巨石には、旅の僧が彌陀名号を指で書き、獣害を防いだという伝説がある。
  4. 健太くんの家の仏間には、彌陀名号の掛け軸がかけられている。
  5. ともこちゃんは、彌陀名号を唱え、悪霊を追い払った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事