黙思口吟【もくしこうぎん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
黙思口吟

【読み方】
もくしこうぎん

【意味】
黙って考え込んで、小声で口ずさむこと。

「黙思」は、黙って考え込むこと。「口吟」は、口ずさむこと。「吟」は、口ずさむ。

黙思口吟(もくしこうぎん)の使い方

ともこ
健太くん。どこに行ってたの?
健太
黙思口吟して、散歩していたんだよ。
ともこ
この忙しい時に?
健太
黙思口吟することで思いつくアイディアがあるんだよ。

黙思口吟(もくしこうぎん)の例文

  1. 健太くんは、窓の外を見ながら黙思口吟していた。
  2. 黙思口吟していた健太くんが、突然ヘウレーカと叫びました。
  3. お風呂に入りながら黙思口吟しました。
  4. 健太くんが黙思口吟していましたが、その曲は校歌でした。
  5. ともこちゃんは考え事をするとき、必ず黙思口吟する。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事