俯察仰観【ふさつぎょうかん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
俯察仰観

【読み方】
ふさつぎょうかん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
仰いで天文を見、うつむいて地理を知ること。

【語源・由来】
『易経』「繋辞・上」より。仰いだり、うつむいたりして観察すること。

【類義語】
・仰観俯察(ぎょうかんふさつ)


俯察仰観(ふさつぎょうかん)の使い方

健太
うーん。どうすればいいんだろう。
ともこ
健太くん。何を悩んでいるの?
健太
毎年、夏休みの自由研究には悩ませられるんだよね。いったい何を研究すればいいというんだろう。
ともこ
俯察仰観して世の中をじっくり見ていると、興味深くておもしろいことがたくさんあるわよ。興味を持ったことを調べれば、楽しいし、いい経験になるわよ。

俯察仰観(ふさつぎょうかん)の例文

  1. 健太くんの趣味は俯察仰観なので、メモとノートは肌身離さず持っています。
  2. 俯察仰観することで気が付かなかったことに気付けたりします。
  3. 常に俯察仰観することで、宇宙と自分のつながりがみえてきた気がします。
  4. 俯察仰観し、自然の営みから学ぶべきです。
  5. 世界を俯察仰観することで、生命とは何かといった深いことまでわかってきた気がします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事