仰観俯察【ぎょうかんふさつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
仰観俯察

【読み方】
ぎょうかんふさつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
目に入る様々なものや、現象を観察すること。

【語源・由来】
「易経」より。空を見上げては空に起こる現象を観察して、下を見ては土地の様子を観察するという意味から。


仰観俯察(ぎょうかんふさつ)の使い方

健太
うーん。今年もまた夏休みがやってきたよ。自由研究をどうしようかなあ。
ともこ
今年は、キャンプに行って仰観俯察するのはどうかしら?
健太
ふむふむ。いいね。地面や空を観察して、天候の変化との関連性とその予測って言うのはどうだろう。楽しそうだ。
ともこ
それ、いいわね。私と健太くんの共同研究にしましょうよ。

仰観俯察(ぎょうかんふさつ)の例文

  1. 幼いころから仰観俯察が大好きだった彼は、やはり大人になってから研究者になったそうです。
  2. 仰観俯察し、いろんなことに疑問を持つことで、科学への興味が芽生えていきます。
  3. 仰観俯察するかのように、あの猫は、いつもブロック塀の上で空や地面を観察しています。
  4. 仰観俯察しノートに書き留めたものをまとめて本にすることにしました。
  5. 仰観俯察し、森羅万象を学ぶことは、人生に奥行きを与えてくれます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事