妄言綺語【もうげんきご】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
妄言綺語

【読み方】
もうげんきご

「ぼうけんきご」とも読む。

【意味】
仏教で、でたらめのことを言って、嘘をつくこと。また、そのことば。

「妄言」は、仏教の十悪の一つ。でたらめなことば。「綺語」は、仏教の十悪の一つ。巧みに飾ったことば。

【語源・由来】
「無量寿経」下より。両舌・悪口・妄言・綺語・讒賊し闘乱す。善人を憎嫉し賢明を敗壊す。

【類義語】
・虚誕妄説(きょたんもうせつ)
・造言飛語(ぞうげんひご)
・飛語巷説(ひごこうせつ)
・漫語放言(まんごほうげん)
・妄誕無稽(もうたんむけい)
・流言飛語(りゅうげんひご)


妄言綺語(もうげんきご)の使い方

ともこ
健太くんは、いつも口から出まかせ、妄言綺語ばかり言うから、だれも信用してくれないわよ。
健太
地球に隕石がぶつかるっていっても?
ともこ
NASAもJAXAもそんな発表をしていないもの。あるわけないでしょ。
健太
昨日、望遠鏡で星を見ていたら、大きな隕石が地球に向かっていたんだよ。今回は本当なんだー。

妄言綺語(もうげんきご)の例文

  1. 健太くんの言葉は、妄言綺語だった。
  2. 薄々、妄言綺語だと気が付いていたのに、信用した私がばかだった。
  3. 政治家の発言は妄言綺語だらけだ。
  4. インターネット上には妄言綺語が多く溢れているから、真実を見極める目が必要です。
  5. 健太くんは、悪びれずに妄言綺語をいうから質が悪い。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事