杯盤狼藉【はいばんろうぜき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
杯盤狼藉

【読み方】
はいばんろうぜき

日本漢字能力検定
1級

【意味】
酒宴で皿や杯が酷く散らかっている様子のこと。または、酒宴が終わった後の酷く散らかっている様子のこと。

【語源・由来】
「史記」より。「杯盤」は杯や皿などの食器のこと。「狼藉」は狼が寝るために敷いた草の散らかった様子のことから、酷く散らかっている様子のたとえ。

【類義語】
・落花狼藉(らっかろうぜき)


杯盤狼藉(はいばんろうぜき)の使い方

健太
うわあ。杯盤狼藉だねえ。
ともこ
本当にすごいわね。食い散らかすとはこういうことをいうのね。
健太
片づける人の事を全く考えていないね。
ともこ
少しだけでも考えてほしかったわね。

杯盤狼藉(はいばんろうぜき)の例文

  1. 酔っ払い同士がけんかをして、店の中が杯盤狼藉です。
  2. さっきまで、団体客がいて杯盤狼藉だけど、すぐに片づけて席を作りますね。
  3. この杯盤狼藉っぷりを見ると、片づける気が失せるけれども、明日に回すと汚れが落ちにくくなるから、さっさと片付けてしまいましょう。
  4. テーブルの上が杯盤狼藉、よく食べよく飲む客でしたね
  5. 杯盤狼藉、片付けが大変だけど、楽しんでくれたならまあいいか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事