雄健蒼勁【ゆうけんそうけい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
雄健蒼勁

【読み方】
ゆうけんそうけい

【意味】
勢いが盛んで力強いこと。詩文書画などにおいて、そのできばえがすぐれていて、力強いこと。

「雄健」は、詩文書画などのすぐれて力強いこと。「蒼勁」は、勢いが盛んで力強いこと。

【類義語】
・気韻生動(きいんせいどう)
・光炎方丈(こうえんほうじょう)
・峻抜雄健(しゅんばつゆうけん)


雄健蒼勁(ゆうけんそうけい)の使い方

ともこ
北斎の作品は、雄健蒼勁の極みよね。
健太
この上なく力強いね。
ともこ
しかも、ドローンが無かった時代に、空を飛ぶ鳥の視点で描かれた作品があるのよ。
健太
天才の頭の中を、僕の目で見てみたいよ。

雄健蒼勁(ゆうけんそうけい)の例文

  1. ともこちゃんの書初めは雄健蒼勁で新年にふさわしいものだった。
  2. 健太くんは、雄健蒼勁な画風の作品が好きです。
  3. あんな雄健蒼勁な作品の後に自分の作品を披露したくない。
  4. ともこちゃんは見事な筆さばきで、雄健蒼勁な作品を書き上げた。
  5. 有名な画家を集めたというその作品展は、雄健蒼勁な作品ばかりで見ごたえがあった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事