無始無終【むしむじゅう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
無始無終

【読み方】
むしむじゅう

日本漢字能力検定
5級
「始め無く終わり無し」と訓読する。
「終」は「しゅう」とも読む。

【意味】
始めも終わりもなく、限りなく続いていること。生ある者があの世からこの世へと生まれ、苦しみを味わい、再び死んであの世へ戻っていくという輪廻が無限であること。仏教語。

「始終」を分けて、それぞれに「無い」をつけた語。

無始無終(むしむじゅう)の使い方

健太
この世は、無始無終の世界だというけれども、宇宙もそうなのかな。
ともこ
宇宙は膨張し続けているというから無限よね。
健太
宇宙について考え始めると、その途方もなさに畏怖の念を感じてしまうよ。
ともこ
人間の一生は、宇宙にしてみればほんの一瞬のことよね。宇宙ってすごいわ。

無始無終(むしむじゅう)の例文

  1. 仏様は、無始無終で、常にそこにいる存在だ。
  2. 無始無終の世界から抜け、悟りを開き極楽に行きたい。
  3. 私たちは、無始無終の輪廻の途中にある。
  4. 夢は無始無終で始まりも終わりもない。
  5. 無始無終の世界で、また健太くんの魂と会うこともあるでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事