無法千万【むほうせんばん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
無法千万

【読み方】
むほうせんばん

【意味】
人の道を非常にはずれること。また、非常に無礼であること。ひどく乱暴であること。

「無法」は、法を無視し、道徳にはずれること。乱暴なこと。無理なこと。「千万」は、程度がはなはだしいこと。

【類義語】
・悪逆非道(あくぎゃくひどう)
・悪逆無道(あくぎゃくむどう)
・極悪凶猛(ごくあくきょうもう)
・極悪大罪(ごくあくたいざい)
・極悪非道(ごくあくひどう)
・極悪無道(ごくあくむどう)
・大悪無道(たいあくむどう)
・大逆非道(たいぎゃくひどう)
・大逆無道(たいぎゃくむどう)
・無理非道(むりひどう)


無法千万(むほうせんばん)の使い方

ともこ
ナチスがやったことは無法千万よね。
健太
ユダヤ人を大量虐殺したもんね。
ともこ
同じ人間なのにね。
健太
誰もナチスを止めることができなかったという事実もこわいよね。

無法千万(むほうせんばん)の例文

  1. 通りすがりの人を意味もなく殴るなんて無法千万だ。
  2. いたいけな子供に暴力をふるうとは無法千万、有罪だ。
  3. 非力なお年寄りを狙ってひったくりをするとは無法千万なやつだ。
  4. この辺りは無法千万な輩が多いから注意するように。
  5. 未成年でも無法千万な法に触れた者には、罰則を科すべきだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事