磨杵作針【ましょさくしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
磨杵作針

【読み方】
ましょさくしん

【意味】
たえず努力し続ければ、必ず成功するということ。

【語源・由来】
『方輿勝覧』五三「磨針渓」より。

【類義語】
・水滴石穿(すいてきせきせん)
・点滴穿石(てんてきせんせき)
・磨斧作針(まふさくしん)


磨杵作針(ましょさくしん)の使い方

健太
ああ。またテストで0点だったよ。このままだと、受験する年になったら、ともこちゃんとはばらばらの学校になってしまうね。
ともこ
磨杵作針というように、毎日家で三時間勉強すれば、私と同じ志望校に入学することができるわよ。
健太
あの有名な進学校を目指しているんでしょう?僕には無理だよ。
ともこ
まだまだ受験まで時間はあるわ。磨杵作針、継続は力なりよ。

磨杵作針(ましょさくしん)の例文

  1. 不器用な私ですが、磨杵作針というように、三年の歳月をかけてマフラーを編みあげました。
  2. 磨杵作針というじゃないか、あきらめないことが大事なんだよ
  3. 絶対不可能と言われたけれども、磨杵作針という思いでプロジェクトを成功させました。
  4. 毎朝ランニングを続ければ、磨杵作針というように、どんな鈍足な人でも完走できるようになります。
  5. 磨杵作針というように、何十年と続けることで、ようやく人間国宝になれます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事