無手勝流【むてかつりゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
無手勝流

【読み方】
むてかつりゅう

【意味】
戦わずに、策略で相手に勝つこと。また、その方法。また、師伝によらず、自分で勝手にきめた流儀。自分勝手にやること。また、そのやり方。自己流。無手で勝つ流儀の意から。

【語源・由来】
「無手」は手に武器・道具などを持たないこと。剣客塚原卜伝つかはらぼくでんが渡し舟の中で、武者修行者から真剣勝負をいどまれたとき、相手を小洲に上がらせ、自分は上がらずに竿さおで船を突き放し、「戦わず勝つ、これが無手勝流だ」と言って血気の勇を戒めた逸話から。


無手勝流(むてかつりゅう)の使い方

健太
ああー。無手勝流に思いっきり分厚いステーキが食べたいよー。
ともこ
ナイフとフォークが嫌いなの?
健太
嫌いだよ。僕は日本人なんだから、日本にいる間位、はしで好きなように食べさせてほしいよ。
ともこ
それもそうね。今度、ステーキを食べるときは、無手勝流でおいしく食べたらいいわよ。

無手勝流(むてかつりゅう)の例文

  1. 彼は無手勝流の論理を持っているから、話し合いをすると聞き耳を持とうとしないんです。
  2. 彼の絵は、誰かに師事して学んだものではなく、無手勝流で描いたものです。
  3. けんかを売られたので、あらかじめ落とし穴を作っておき、無手勝流で勝ちました。
  4. ともこちゃんの知恵を駆使して無手勝流で勝利を収めました。
  5. 相手の戦意をそぐことに成功し、無手勝流で勝ちました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事