無二無三【むにむさん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
無二無三

【読み方】
むにむさん

「むにむざん」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
ただ一つしかなく、それに代わるものがないこと。転じて、一つの物事に心を傾けてそれに没頭するさま。

【語源・由来】
「法華経」方便品より。仏になる道は一乗だけで、ほかに道はないという意から。「三」は「ざん」とも読む。

【類義語】
・遮二無二(しゃにむに)
・唯一無二(ゆいいつむに)


無二無三(むにむさん)の使い方

健太
あっ。あそこで風船を配っているよ。昔は、風船を見ると無二無三に走っていったものだよ。
ともこ
今も、無二無三にもらいにいっても良いのよ。
健太
いやあ。さすがに恥ずかしいよ。
ともこ
かわりにもらってきてあげるわ。

無二無三(むにむさん)の例文

  1. 僕にとってともこちゃんは無二無三の存在なんです。
  2. 無二無三に受験勉強に集中しました。
  3. 僕ははまりやすいので、何か好きなことが出来ると、無二無三で昼夜を問わずそればかりやるんです。
  4. 僕を満足させるポテトチップスは無二無三、このメーカーのこの味だけです。
  5. 健太くんは、ともこちゃんを助けるために、無二無三で彼女のもとにかけていきました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事