名題看板【なだいかんばん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
名題看板

【読み方】
なだいかんばん

【意味】
歌舞伎劇場の表看板の一つで、上演狂言の題名を記したもの。総表題を示し、上部に主要配役を絵組で表した大名題看板と、各幕の小題名を示した小名題看板とがある。


名題看板(なだいかんばん)の使い方

健太
ともこちゃん。歌舞伎座の名題看板を見てもいい?
ともこ
いいわよ。
健太
 清和源氏二代将って書いてあるね。
ともこ
この名題看板の字を見るだけでワクワクしてくるわよね。

名題看板(なだいかんばん)の例文

  1. 道行く人は、立派な名題看板を見上げていた。
  2. 歌舞伎好きのともこちゃんが、新しい名題看板について熱く語っていた。
  3. 名題看板は、公演予告の宣伝ポスターのようなものです。
  4. 健太くんは、名題看板に名がのるような役者になりたい。
  5. ともこちゃんは、名題看板を見上げて、きゃー、見に行かなくちゃ、予定を空けなくちゃと大騒ぎしていた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事