二律背反【にりつはいはん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
二律背反

【読み方】
にりつはいはん

【意味】
互いに矛盾している二つの命題が、互いに同じだけの合理性や整合性があること。あちら立てればこちら立たずの状態。

【語源・由来】
ドイツ語のアンチノミーの訳。「Aが正しければBは偽り」といった同時には存在し得ない二つの事柄についてAとBどちらにも同じだけの合理性や整合性があることを言う。「二律」は二つの法則や原理。「背反」は対立すること。

【スポンサーリンク】

二律背反(にりつはいはん)の使い方

ともこ
もう少し痩せたいけど好きなだけ食べたいなあ。
健太
それは二律背反だね。食べるか痩せるか、どちらかをあきらめたらどうかな?
ともこ
いやよ。どっちもあきらめたくないわ。
健太
じゃあ、食べたカロリーよりさらにたくさん運動するしかないよね。

二律背反(にりつはいはん)の例文

  1. お金がたくさんほしいけど働きたくないなんて二律背反だ、そんなの宝くじに当たるしかないじゃないですか。
  2. 隠れ家のような店にしたいからお客さんがたくさん来ると困る、でも儲けたいなんて二律背反です。
  3. 円安になれば物価が高くなり、円高になれば株価が下がる、これぞ二律背反
  4. 消費税を上げると個人消費は冷え込み、消費税を下げると財政がひっ迫する、二律背反で悩む。
  5. 最近の僕の悩みは二律背反で、人間関係が煩わしいけど、ひとりぼっちでいたくない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事