好機到来【こうきとうらい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
好機到来

【読み方】
こうきとうらい

日本漢字能力検定
4級

【意味】
すばらしい機会がやってくること。

【語源・由来】
「好機」は行動するのによい時期。「到来」はやって来るという意味。

【類義語】
・時機到来(じきとうらい)
・時節到来(じせつとうらい)
・千載一遇(せんざいいちぐう)
・曇華一現(どんげいちげん)


好機到来(こうきとうらい)の使い方

ともこ
暑いことを予想して、かき氷屋さんにしたのに、曇っていて全然売れないわね。
健太
困ったねえ。余ったらどうすればいいんだろうね。
ともこ
あっ。健太くん。雲がはれて夏の太陽が出てきたわ。好機到来よ!急いでお客さんを呼び込んで。
健太
いらっしゃい。いらっしゃい。おいしいかき氷だよ。暑い日差しにも負けないおいしいかき氷だよー。

好機到来(こうきとうらい)の例文

  1. 反撃の好機到来、何だか相手チームのエースが不調そうだ。
  2. 好機到来、空前のお好み焼きブームがやってきました。
  3. 徳川家康にとって、豊臣秀吉の死は、好機到来であったのです。
  4. 先生がいなくなった、好機到来、今なら掃除をさぼって帰ることができるぞ。
  5. 好機到来、今こそ夢をかなえるときです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事