約法三章【やくほうさんしょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
約法三章

【読み方】
やくほうさんしょう

日本漢字能力検定
5級

【意味】
簡単な法やとり決めを作って民衆と約束すること。また、広く簡潔な法律をいう。

【語源・由来】
『史記』「高祖紀」より。秦を破った劉邦は、関中の王となったら秦の多くの法律を廃止し、「殺人者は死刑、傷害と盗みは罰する」の三つの法令だけの実施を関中の長老たちに約束し、喜ばれたという故事から。


約法三章(やくほうさんしょう)の使い方

健太
法律って抜け道があったりして難しいよね。
ともこ
約法三章を作ってほしいわよね。
健太
裁判官によって判決が変わってしまうような法律じゃ不公平感が漂うもんね。
ともこ
シンプルが一番よ。

約法三章(やくほうさんしょう)の例文

  1. 文化祭で新しいことを行うにあたって、先生と生徒の間で約法三章を決めました。
  2. いつもテストで0点の健太くんにも理解できるように、約法三章を制定しました。
  3. 我が家では、家族みんな互いに思いやりを持つという約法三章を交わしています。
  4. 約法三章のような簡潔なものならば守ることができるでしょう。
  5. フランチャイズ契約をするにあたって、いつでもお客様のために、お客様の視線で、お客様の喜びのためにという約法三章を必ず守ってください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事