能工巧匠【のうこうこうしょう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
能工巧匠

【読み方】
のうこうこうしょう

【意味】
技能に優れた腕の良い職人のこと。


能工巧匠(のうこうこうしょう)の使い方

ともこ
昨日の地震、すごかったわね。
健太
僕の家は、能工巧匠に建ててもらったから、びくともしなかったよ。
ともこ
へえ。すごいわね。
健太
自慢の災害に強い家なんだ。

能工巧匠(のうこうこうしょう)の例文

  1. 能工巧匠の技術が結集して。あのお寺ができたという。
  2. ともこちゃんは、能工巧匠が、古い家をかっこよくリフォームする番組が好きだ。
  3. 能工巧匠の手による家ならば、100年でも200年でももちますよ。
  4. これは、能工巧匠と認められた職人だけで作った特別なピアノです。
  5. 健太くんは、立派な能工巧匠になりたくて、有名なデザイナーの門をたたきました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事