高山景行【こうざんけいこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
高山景行

【読み方】
こうざんけいこう

日本漢字能力検定
5級

【意味】
徳が高く、素晴らしい人のたとえ。

【語源・由来】
「詩経」小雅より。人々が上を向いて見る高い山と、人々の規範となる大きな道という意味で、素晴らしい人格の人を山や道にたとえた言葉。


高山景行(こうざんけいこう)の使い方

健太
ともこちゃん、生徒会長就任おめでとう!ともこちゃんは高山景行だから、みんながともこちゃんに投票する気持ちがわかるよ。
ともこ
私は、今回の生徒会の選挙では駄目だと思っていたのよ。
健太
ともこちゃんが落選するわけないじゃない。だって高山景行でみんなが憧れるともこちゃんだよ。
ともこ
そう言ってもらえるとうれしいわ。ありがとう。

高山景行(こうざんけいこう)の例文

  1. 教師として子供の前では高山景行でありたいと思っています。
  2. 彼は山寺にこもって厳しい修行をしただけあって、高山景行です。
  3. 健太くんは、精神的、道徳的に優れた高山景行だから、自信を持ってお勧めします。
  4. ともこちゃんは、高山景行でまとっているオーラが人とは違うんです。
  5. 高山景行なともこちゃんは、自分からすすんで学校中のトイレの掃除をしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事