雷轟電転【らいごうでんてん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
雷轟電転

【読み方】
らいごうでんてん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
町中の喧騒の激しいことのたとえ。雷がとどろき稲妻がはしるように、人馬の叫びが激しいこと。

【語源・由来】
『長生殿』「合囲」より。「雷轟」は雷がとどろきわたること。「電転」は稲光があちらできらめきこちらできらめくさま。


雷轟電転(らいごうでんてん)の使い方

ともこ
なんだか外が雷轟電転だけどなにかあったのかしら?
健太
火災があったらしいよ。
ともこ
大丈夫なのかしら?
健太
まだ消火できていなくて、しかも中に人が取り残されているんだって。全員が無事だといいよね。

雷轟電転(らいごうでんてん)の例文

  1. ハロウィンの日は、渋谷駅前は雷轟電転の騒ぎで警察が出動します。
  2. アイドルが駅前にいるという情報が流れ、駅前は雷轟電転、パニックになっていました。
  3. 都会は一年中雷轟電転としているので、静かな土地に引っ越しをしたいと考えています。
  4. 選挙期間中は雷轟電転、うるさくておちおち昼寝もできやしない。
  5. 普段は大勢の人が行きかい、雷轟電転としている街も、元旦だけはとても静かで厳かな雰囲気が漂っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



四字熟語の逆引き検索