落英繽紛【らくえいひんぷん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
落英繽紛

【読み方】
らくえいひんぷん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
散る花びらが乱れ舞うさま。

【語源・由来】
「落英」は散り落ちる花びら。「英」は花、花びらの意。「繽紛」は盛んなさま。また、乱れ混じるさま。


落英繽紛(らくえいひんぷん)の使い方

ともこ
ここは桜の木がたくさんあって、落英繽紛たる春景色でとてもきれいね。
健太
桜は散り始めが一番いいよね。
ともこ
満開になった瞬間も一面ピンク色になってとてもきれいだと思うけどね。
健太
今年は天候に恵まれたおかげで。桜を長く楽しむことができてよかったよね。こんなに人を幸せにしてくれる桜って最高だね。

落英繽紛(らくえいひんぷん)の例文

  1. その村に入ってすぐに、落英繽紛の桃の花が僕を出迎えてくれました。
  2. 今のような落英繽紛の時期、僕は心躍って落ち着かなくなります。
  3. 落英繽紛で湖上はピンク色に染まり、そんな中をボートで進みゆくのはとても楽しい時間でした。
  4. 外は落英繽紛の光景だったのだろう、頭に花びらをつけた健太くんが部屋に入ってきました。
  5. 落英繽紛のその様子は、まるで季節外れの雪が舞っているかのようで、幻想的で美しい景色でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事