磊磊落落【らいらいらくらく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
磊磊落落

【読み方】
らいらいらくらく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
心が広くて、小さなことにこだわらないさま。

【語源・由来】
心が大きくてさっぱりしているさまの意の「磊落」を重ねて意味を強調した四字句。

【類義語】
・豪放磊落(ごうほうらいらく)


磊磊落落(らいらいらくらく)の使い方

健太
ともこちゃんは磊磊落落だから、こんなことでは怒らないと思うんだけど・・・。
ともこ
なにかあったの?
健太
ともこちゃんが大事にしていたアイドルの写真集を水浸しにしてしまったんだ。ごめんなさい。
ともこ
なんですって!あれはもう手に入れることができない物なのよ。いくら磊磊落落でも許せないわー。

磊磊落落(らいらいらくらく)の例文

  1. 健太くんは磊磊落落で、さっぱりした気性なので後輩たちから慕われるんだと思うよ。
  2. 磊磊落落で快活なともこちゃんは、一緒に話をしていると気持ちが楽になります。
  3. 健太くんのお母さんは磊磊落落だから、あまり怒らないけれども、嘘をついた時は怒ります。
  4. 殿様は磊磊落落な人で、平民とも身分を超えて対等に話をしてくれます。
  5. 磊磊落落なともこちゃんの心は、海よりも深く空よりも大きい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



四字熟語の逆引き検索